fc2ブログ

一条氏館/山梨県市川三郷町

一条氏館は別名・上野城とも呼ばれ、甲南の守りの要でした。
訪問日は2014年11月16日です。

【写1】上野城

館の跡には蹴裂神社があります。
なんて読むのか?とググってみると「けさくじんじゃ」とわかりました。
・・・それだけですあせる

【写2】上野城

ここに来たら、神社の裏側も忘れずに見て下さい!
石碑好きの城キチなら猶更です。
と書きつつ、何と彫られているのか読めず(爆)
「上野城跡」でしょうか?

【写3】上野城

城キチならずとも目が行くのが、お隣にあるこの建物。
「この建物」ってとぼけていますが、玄関には「一城」と書かれていました。
民営ですが、入場料は無料です。
そして、ここは歌舞伎文化公園です。

先ほど「一城」と書きましたが、町のサイトでは「ふるさと会館」と書かれています。
当時撮った写真には「民営」と書かれていましたが、町のサイトに載ってるという事は・・・
訪ねてから月日が経ってしまったので、以前どうだったか、今どうなのか?ですあせる

そして、ここがなぜ歌舞伎と関係あるのか・・・
「市川」がヒントですw


◆歴史◆

武田信玄の末弟・一条信龍の城でした。

武田信玄は、末の異母弟・信龍に一条家の名跡を継がせました。

一条家は武田家の一門で、武田家始祖・武田信義の嫡男・忠頼が興した家名です。
甲斐源氏の一員として源頼朝の平家討伐に参戦しましたが、1184年に粛清され絶えました。
その後、一条忠頼の弟・武田信光の子・信長により再興されましたが、再び絶えていました。

一条信龍は記録に殆ど登場しませんが、軍では後方支援を担当していたそうです。
武田信玄は、陣中では武田信繁と一条信龍を最も信頼していたそうです。
武田勝頼が大敗した長篠の戦にも参戦しています。
一門が真っ先に逃げる中、馬場信房とともに武田勝頼の退却を見届けるまで留まったそうです。

1582年、徳川軍に攻め落とされました。

織田信長による甲州侵攻により、武田軍は総崩れとなりました。
加えて一門である穴山信君の寝返りにより、駿河から徳川軍があっさり甲斐へ侵入しました。
穴山氏の領地から甲斐中心部への入口に、一条信龍の守る上野城がありました。
当然のことながら、功を急ぐ徳川軍1万が押し寄せる中、一条信竜は300の手勢で抵抗しました。
しかし、多勢に無勢で一条信龍とその子・信就は戦死したとも処刑されたとも伝わります。


所在地:山梨県西八代郡市川三郷町上野(歌舞伎文化公園)

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

一条信龍の名を

最近まで知りませんでした。
ただ武田氏でも、かなり重きをなしていたんですね。
武具などに非常に気を遣ったとか。

Re:一条信龍の名を

>syunpatsuryoku1号さん
甲斐源氏初期から続いていた家柄だと思っていたら違いました。今回ググってみて凄い人発見‼️なんて、嬉しくなっちゃいました。
非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR