fc2ブログ

野府城/愛知県一宮市

野府城跡は小学校になっています。訪問日は2014年8月2日です。

野府城/①小学校
▲小学校の正門

城跡というとお寺か神社か学校、という所が多い気がします。・・・幼稚園もありましたけどw学校は結構敷地が広いので、城址碑などを探し回ることがあります。中を覗きながらウロウロしてる様は不審者そものの。通報されそうでドキドキします。ここは正門からちょっとだけ中に入った所にあるのですが「進入禁止」って・・・

野府城/②城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

なので、進入しないギリギリまで寄って、望遠で撮りました。説明板の字が小さくて読めない・・・進入禁止にするなら、進入しなくて済む場所に設置して欲しいですよね(T∀T)


◆歴史◆

築城年代は不明です。

明応年間(1492~1500年の間)にはすでにあったそうです。この頃の尾張は、美濃の騒乱と遠江を狙う今川氏に挟まれて大変な時期でした。往時は二重の堀で囲まれ、東西約300m、南北約200mの規模だったそうです。かなり大きなお城だったんですね!

1555年、武藤雄政が城主となりました。

織田信長が清州城を攻略した時のことです。本拠を那古野城から清州城に移した際、勝幡城代の武藤雄政を野府城へ移しています。・・・と皆さま、勝幡城の方には書いてるんですよねw野府城の方には「武藤掃部が城主となり、孫の代に絶えて廃城」が多いです。

この武藤雄政、どんなにググってもヒットせず。織田弾正忠家の本拠地の城代になる位だから、かなりの重臣のハズなんですけどね。織田信長はこの後、尾張上四郡の守護代である岩倉織田家を攻めます。美濃国境も近く、まさに最前線のお城です。

「武藤」でググりまくっていると、武藤瞬秀という武将がヒットしました。この人も織田信長の重臣ですが、織田信長に仕えるまでの経緯が不明なのだそうです。兵法・軍略に精通しており、織田信長は作戦を立てる時にまずは武藤舜秀に諮る程だったとか。1579年の有岡城攻めの最中に病没しています。

謎だらけの重臣・武藤舜秀の居城・馬寄城は、何と野府城の東へ約2㎞の所なんです。推測ですが、親子じゃないでしょうか?w年代的にも活躍した時期が20年程ズレていますから。・・・史料の裏付け等一切無いので、本当にただの推測です。

織田信長の弟・織田信治も城主だった時期があります。

年代はわかりませんが、城主として最も有名なのが織田信治だそうです。ただ、織田信治もよくわからないんですよね・・・わかっているのは、1570年に近江で27歳で討死したことぐらい。武藤雄政の没年は不明ですが、織田信治の年齢から、その後に城主になったかもしれません。推測だらけですwww

その後、津田元嘉が城主になりました。

織田信治の没後、津田元嘉が城主になったとされます。津田姓ということは、織田一族ですね!津田元嘉は織田信長の妹婿でもあり、奉行として活躍しました。織田軍が越前を平定した後、木下祐久、三沢秀次とともに越前支配の代官となっています。・・・ということで、これが1574年の事なので、この時に廃城になったとみられます。


所在地:愛知県一宮市開明町

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR