fc2ブログ

龍王城/大分県宇佐市

龍王城は、宇佐一族安心院氏の城でした。

訪問日は2021年12月31日です。



【位置・再】龍王城



龍王城の登城路は2パターンあり、北側のものが主流です。

中腹にある海神社まで、舗装された車道が整備されています。



【1】龍王城

説明板を表示



城跡に上がる道に入る手前の住宅街に、この説明板があります。

道端の白い板に無条件で反応する習性が役立ちました。

山城の北側に陣屋があったからでしょうか。



【2】龍王城

2 海神社境内



登城路は北と西にありますが、私は北から攻めました。

なぜなら、ここまで車で登れるからです♪

大晦日は寒波が来て、前の晩は九州でも雪が降りました。

路面凍結を心配しましたが、ここに来る道は大丈夫でした。



【3】龍王城

3 海神社社殿



城跡にある神社には、必ず挨拶するようにしています。

道中の無事や遭難しないよう、ちゃっかり祈るためです。

この神社はお城があった時からあったのかどうなのか。

気になってググってみると、奥が深そうでいて何もわからず。

よそでは「海」を「わたつみ」「あま」「たるみ」と読むらしい。

もちろん「かい」もありますが、「うみ」とは読まないようです。

こんな気になるなら、縁起の書かれたものでも探しとけばよかった・・・



【4】龍王城

4 登城路途中にある平坦地



登り始めてすぐですが、斜面の途中に踊り場的な平坦地があります。

登城路脇にあるので、番所的なものがここにあったのかもしれません。



【5】龍王城

5 東端の五郭



石段が続く登城路を登り切ると、左側に曲輪が見えました。

主郭は右側ですが、まずはこっちからやっつけました。



【6】龍王城

6 五郭先端部



五郭の先端まで行くと、尾根を下る道が見えます。

内側から見ると虎口っぽく見えたので、外側を見たくなりました。



【7】龍王城

7 五郭先端部



先端部を外側から見た所です。

虎口っぽくも見えますが、防御的な感じには見えません。

この下に通路はありますが、5メートル程下った所で行き止まりです。

そこには小さなアンテナがあり、そこへ行くための通路のようです。

アンテナから先の尾根に行ってみましたが、道はありませんでした。



【8】龍王城

8 主郭へ登る土橋



登城路を登って来て右側に、天国への階段のような光景があります。

両脇が低くなっているので、登りやすくした土橋のようです。

麓には無かった雪が、この辺からうっすらと積もっています。



【9】龍王城

9 主郭手前にある四郭



長い土橋を渡って坂を登ると、主郭手前に小さな空間があります。

色々とゴミが捨てられているココが四郭です。

龍王城主要部を守る、最終防衛線ですね!



【10】龍王城

10 主郭



入口に「龍王城児童遊園」と書かれたココが、龍王城の主郭です。

放送施設があるせいか、草が刈られて視界は良好です。

ですが、こういう電波関係の施設がある所で飛ぶのはご法度です。

さて、事後に色々ググっていて、痛恨の発見をしました。

見つけた縄張図では、この右側の建物裏に「石垣」と記されています。

(『市内遺跡発掘調査概報28』というPDFの13ページに載っています)

うあああああああああああ!あせる



【11】龍王城

11 龍王山山頂



城跡としての何かを求めて目をさらにしましたが・・・

麓には説明板があったのに、山頂にはこれしかありません。

武器防具や道具を入念にチェックして攻め込んだのですがあせる



【12】龍王城

12 西側への通路



事前に準備した資料を忘れて登ってきてしまった私・・・

それでも、西側からも登って来る道があった事は覚えています。

そちら側にもきっと何かあるに違いない!

そういう前情報が無いと、主郭で行き止まりにしか見えません。

「きっとどこかに通路が」という目で見て、それらしいのがココでした。



【13】龍王城

13 二郭



藪慣れしてしまったせいか、予想は当たりでした。

先程の木々の隙間から、明らかに平らになった空間が見えました。

薄暗いせいか、手入れしなくても下草があまり生えないようです。



【14】龍王城

14 三郭



二郭から切岸を歩いた跡を辿ると、下にもう一段平坦地があります。

歩いた跡のある南端以外は竹藪で、内部を見る人はいないようです。

私はそんな所にも突撃しますクローバー



【15】龍王城

15 三郭の手前側奥



時計回りに外周を回り二郭側に戻って来ると、段差があります。

段差の上は四畳半程の広さの平坦地ですが、、、

写真撮ってもただの竹藪にしか見えませんクローバー



【16】龍王城

16 二郭へ上がる傾斜



そんな竹藪を眺めていて、ふと道が見えました。

道無き山ばかり歩いてると、こういうのを見つけるのが得意になります。

二郭から三郭へ下りて来た道は、道というより無理に歩いた感じです。

それに対して、こっちの方が普通に歩ける道に見えます。

現在の通路からは、二郭の出っ張りで隠れた位置にあるこの傾斜。

敵がすんなり上がれないようにした隠し通路だったのかもしれません。





◆歴史◆



安心院公泰により築かれたと伝わります



築城時期は正安年間(1299〜1302年の間)です。

安心院公泰は、宇佐神宮の大宮司でした。

この頃は「神楽城」と呼ばれていました。

宇佐神宮の大宮司は、平安時代末期には豊前国司を務めていました。

源平合戦では平家に味方したため、源氏方の緒方惟栄に焼かれています。

安心院氏は、この頃に宇佐氏から出た庶流です。

鎌倉幕府の御家人となり、神職から武士に転じた一族です。

宇佐氏から到津氏、宮成氏、岩根氏、安心院氏などの庶流が競いました。

彼ら大宮司を称したものの、神事は執り行わなかったそうです。



宇都宮親綱が入城し龍王城と改名しました



建武年間(1334~36年の間)、安心院氏は宇都宮冬綱に従いました。

宇都宮冬綱の子・宇都宮親綱が城主となり、龍王城と改名しました。

以後、1556年の宇都宮長秀まで代々宇都宮氏が城主となります。



1556年、大友軍に降りました



大内氏が豊前を支配するようになると、宇佐郡衆は従いました。

そのため、豊後の大友氏とは敵対関係となっています。

大友軍は神社を焼き、大内氏によりたびたび復興されます。

しかし、後ろ盾となっていた大内家が1556年に滅びました。

すると大友軍は豊前に侵攻し、宇佐郡衆は抵抗しました。

大友軍は1万2千の大軍で侵攻したため降り、その配下となりました。

この時、安心院公正が龍王城主に抜擢されました

安心院公正は後に、大友宗麟から「麟」を与えられました。

大友義鎮が出家し「宗麟」と号したのは、1562年です。

前年の1561年、大友義鎮は宇佐神宮を焼き払いました。

安心院公正の「公」は、宇佐氏が代々名前に付けた通字です。

名を与えたというより、宇佐神宮との絶縁を迫ったものと思われます。



1582年、安心院麟生が謀反を起こしました



1578年、大友軍は耳川の戦で島津軍に壊滅的大敗を喫しました。

大友宗麟は政務への情熱を失い、大友家臣が各地で謀反を起こしました。

安心院麟生は1582年に謀反を起こしますが、大友軍に包囲されました。

本領安堵を条件に開城しましたが、田原親賢により謀殺されました。

安心院麟生の子・安心院公糺は逃亡したものの、追手に討たれています。

その後の状況から、龍王城は大友家の直轄となったようです。



1586年、大友義統が立て籠もりました



大友義統は大友宗麟の子で、1576年頃に家督を継いでいます。

1586年、島津軍が北上して豊後へ侵攻しました。

大友宗麟は臼杵城、大友義統は高崎城に入って島津軍に備えました。

豊臣秀吉は大友宗麟の要請に応え、九州征伐の軍勢を差し向けました。

しかし、戸次川の戦で仙石秀久率いる豊臣軍が、島津軍に大敗しました。

すると大友義統は、島津軍が攻め込んで来る前に豊前へ移動。

伯父である田原親賢の守る妙見嶽城へと逃げました。

その後、さらに北にある龍王城に移動し、終戦を迎えています。

大友家は豊前の領地を召し上げられますが、龍王城は残されています。



1593年、大友家が改易され廃城となりました



文禄の役での不手際により、大友義統が改易されました。

この時、龍王城は一度廃城となります。



1603年、細川幸隆により改修されました



関ヶ原の戦後、黒田家は筑前へ移り、細川忠興が豊前の主となりました。

その弟・細川幸隆が1万石を分知され、龍王城を改修して居城としました。

この時、現在の町並みの原形となる城下町を整備しています。

1615年に一国一城令が発令され、龍王城は再び廃城となりました。





所在地:大分県宇佐市安心院町龍王 GPSログダウンロードページ



大分県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR