fc2ブログ

箕島城/福岡県行橋市

蓑島城は海岸にある蓑島山にありました。
訪問日は2012年1月1日です。

蓑島城/遠景
▲遠景

蓑島城のあった蓑島山は、左端の山です。
昔はその名の通り、島だったそうです。
マイナーなせいか、箕島城のことを書いたページがあまりありませんでした。
それでも登城路は複数個所あるらしいのですが・・・
と、城の周りを2周グルグル回りましたが、それっぽい道が見つからず。

正月早々の迷子初めで時間を浪費してしまいました。
地図を見たら金比羅神社から登れるかな???で、最後の手段、直登開始。

蓑島城/神社脇から直登
▲金比羅神社脇から直登・・・

城キチなる種族には特殊能力があるようで・・・
道無き藪を誰かが登った跡がある、、、ような気がして辿ってみました。
しばらく登って行くと、見るからに遊歩道っぽい綺麗な道がwww
どうやらまたやっちまったみたいです(笑)

蓑島城/鉄塔

蓑島城/手書きの札
▲頂上の鉄塔には手書きの札が

あとは綺麗な道を高い所目指してテクテク歩くのみ。
やがて木々の間から華奢な鉄塔が現れました。
そこには「箕島山」と書かれた黄色い小さな札が。

城の遺構らしき物は何も見当たらず。
海の見晴らしが良さそうなので水軍の拠点にいいかも、
と言い聞かせるのでありました。
・・・今は木々が生い茂って丸っきり何も見えませんでしたがあせる

蓑島城/登城口
▲登城口はココですw

帰りは綺麗な道を素直に下り、法泉寺の脇に出てきました。
後から調べると、海岸側にあるライオンズクラブの広場からも登れるみたい。
こういう事って普通は行く前に調べておくものですよね(^^ゞ


◆歴史◆

築城年は不明ですが、藤原邦吉により築かれたとされています。
藤原邦吉は海賊で、漁をしたり朝鮮と交易を行ったりしていました。
1471年に朝鮮で編纂された「海東諸国紀」に彼の名が登場します。
箕島城は地理的に松山城に近いため、その支城であったと考えられています。
箕島城単独では分からないことだらけなので、
2つの城の歴史を書き並べてみました。

1554年、松山城主で大内氏の家臣・杉隆重が箕島城に移り居城としました。
杉氏は豊前守護代として代々松山城を居城としていました。
1557年、大友家臣・田原親弘により松山城が攻められ、
城主・杉重吉は討死にしました。
1559年、毛利家の小早川隆景により松山城が落城。
松山城の城代には杉重良、補佐役として猛将・天野隆重が置かれました。
1562年、松山城が大友軍の攻撃を受けます。
1563年、将軍・足利義輝の斡旋で毛利氏と大友氏が和睦し、
松山城は大友氏のものとなりました。

年は不詳ですが、その後は長野祐盛が城主となります。
毛利軍と大友軍による争奪戦はその後も続き、
長野祐盛はその都度旗色の良い方につきました。

1579年、杉重良が毛利氏に叛き、松山城を退去して蓑島城に籠りました。
そのため馬ヶ岳城主・長野助盛と宝山城主・安東市次郎が攻め、
杉重良は討死にしました。


所在地:福岡県行橋市蓑島

福岡県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR