fc2ブログ

大畑城/熊本県人吉市

大畑城は「おこば」と読みます。
訪問日は2023年12月30日です。

大畑城【写真位置】大きな地図を表示
写真へジャンプ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17

大畑城は「おこば」と読みます。
クイズに出たら、たぶん城キチしか答えられません。
城キチでも無理かもですが(*´艸`*)
某大御所様は民家脇から山に入る道があると宣います。
でも、民家周りをウロウロしてもわからず。
あんまりウロウロするのも何かと少し離れてみました。
クルマを停めるのに丁度良さげな路肩が東側に。
その北側が谷間(写真2)になっていました。
「もしや、こっちからも逝ける?」で突撃。
谷は5m程の絶壁で行き止まり。
でも、左脇から何とか登りました。
そして城跡方向の西へ進むと、すぐに鞍部。
折角登ったのに、すぐに下りて来たのでした。
そこから、南東側に伸びる道。
帰りに辿らねばと通ったのが写真3~5です。
そこからは、城の北側を巡る横堀状の通路を西へ。
進むほどに左側の切岸は低くなります。
そして、写真8の辺りで人の背丈程に。
すぐの高さなので直で登りました。
もう少し先まで進めば素直に道があったかも。
尾根から城跡方向の東へ進むと平坦地。
その先に細い通路状の虎口があります。
その上にある広い平坦地が主郭です。
一部に土塁っぽいものが見られます。
東側の鞍部は、上から見ると大きな堀切に見えます。
大畑城【ザックリ図】
大畑城【1】
【1】広い路肩に駐車 上に戻る

「南の民家脇から山に入る道がある」
その一文を頼りに南側の民家付近をウロウロ。
しかし、敷地への侵入度が高そうに感じ・・・
結局「民家脇から」を断念。
とりあえず流れ着いたのが、すぐ東側の右カーブ。
この付近から城跡へのルートを模索しました。
大畑城【2】
【2】そこから見た山側 上に戻る

何とかならんか・・・?
そう思い竹藪の中を覗くと、こんなでした。
おい、これって、ココから逝ける?
そう感じさせる光景です。
これはもう行くしかない!
そう思いここを真っすぐ進みました。
結論から言えば行けます。
この先に垂直な岩の壁が立ちはだかりますが。
突き当りの左脇から尾根上に登れました。
でも、帰りにもっとイイルートを発見。
大畑城【3】
【3】下って来た道 上に戻る

帰りに撮ったのでこのアングルです。
先程の谷には入らず、手前を左です。
草に埋もれて行きには見つけられず。
でも、上から辿ると道がありました。
この角度がヒントになればと思います。
現地には目印を付けておきました。
大畑城【4】
【4】鞍部から下る道 上に戻る

これも帰りに撮ったものです。
鞍部から南東へ下る道です。
草が無ければこんなにハッキリ見えます。
真冬でも枯れない草って・・・
大畑城【5】
【5】鞍部 上に戻る

ということで、帰りに見つけた鞍部からの道。
それはココから下るのでした。
しかし、行きは東の尾根から鞍部へ↓
無駄な登り下りをしたのでした。
大畑城【6】
【6】鞍部 上に戻る

これは行きに撮りました。
鞍部からどう進もうかと思っていた時です。
北西側へ、切岸に沿う道のように見えました。
城跡側は鋭い切岸なので直登は無理。
とことん回り込む作戦に出ました。
大畑城【7】
【7】横堀 上に戻る

城の北側はずっとこんな感じが続きます。
山城に慣れた方なら、確信が持てる感じですね!
ココまで来れば、人の手が加わった所を辿るのみ。
このまま西へと進みます。
大畑城【8】
【8】登った所 上に戻る

西へ進むので、城跡は左側。
はじめは10m近かった切岸も、段々低くなって来ます。
そして、ついに尾根が目の高さまで。
しかも、歩いた跡があるかのような感じ。
ココまで来ればそのまま登ります。
そして、城跡へターンするよう尾根を東へ。
大畑城【9】
【9】腰曲輪 上に戻る

ほんの少し進んだだけで、平坦地が現れます。
民家脇での絶望から一転。
勝利のガッツポーズですヾ(*´∀`*)
あとは外周に沿って進むのみ。
大畑城【10】
【10】下から見た虎口 上に戻る

下の段も結構広かったですが、窪んだ道が現れます。
更に上へと続く道。
これが噂の南西側の虎口です(*^▽^*)
主郭への出入口らしきものはココだけです。
大畑城【11】
【11】土塁 上に戻る

主郭内では一部に土塁があります。
北側なので、下に横堀があります
寄せ手を回り込ませる防御機構だったようです。
大畑城【12】
【12】主郭 上に戻る

主郭はだいたいこんな感じ。
いつもの雑木林の写真になりました。
大畑城【13】
【13】上から見た鞍部 上に戻る

主郭東端から下を見た所です。
手前が深く、奥が少し高い感じ。
上から見れば、普通に堀切ですね!
繋がっていれば、もっと楽に登れています。
だからこそ、断ち切ったのでしょう。
大畑城【14】
【14】主郭 上に戻る

12の反対側から見た主郭です。
特に変わった所はありません。
軌跡の空白が多いと、ソコがどうだったか気になります。
ということで、空白を埋める写真だと思って下さい(´∀`;)
大畑城【15】
【15】上から見た西側の横堀 上に戻る

主郭を時計回りに一周。
西端から下を見ても、東側同様堀が見えました。
上がって来た時には気付きませんでしたが。
これは、下る時に見ねば!
大畑城【16】
【16】井戸跡 上に戻る

そう思い来た道を下ったつもりでしたが・・・
来る時には見なかった光景が。
石積みで囲まれた大きな窪みがあります。
炭焼き窯の跡かと思いましたが井戸跡のようです。
某大聖典には、昔は石を投げたら水の音がしたとあります。
どんだけ昔話なんだという位に埋まっています。
思い出せば、某大聖典って半世紀前の本でしたね。
大畑城【17】
【17】南西側の横堀 上に戻る

上から見て行かねばと思った、南西側の横堀です。
ルート的には北側からの横堀と繋がる感じ。
素直に進んだら、この先で急斜面に行き当たります。
これも寄せ手を惑わすための工夫でしょうか。


◆歴史◆

相良氏の重要拠点の1つでした

築城年代は不明です。
色々ググって出て来た城主様は佐牟田氏です。
佐牟田氏は相良氏の庶流とされます。

1557年、上村三兄弟の乱で鎮圧されます

相良義陽が家督を継いだのは12歳の時でした。
この時、叔父の上村頼孝らが乱を起こしました。
相良義陽は先手を打ち彼らを鎮圧。
この時に上村城、岡本城とともに攻められたようです。
城の名前は出て来たものの、内容は?です。
この時の物として「相良頼房感状」があります。
「相良頼房」は後の相良義陽です。
上村三兄弟の援軍として島津軍が侵攻。
大畑口で佐牟田兵部少輔が撃退したという内容です。

1559年、佐牟田頼秀が戦死

この時の城主は佐牟田頼秀でした。
獺野原の戦の前哨戦・奥野一度橋で戦死しています。
これは、湯前城方が兵糧を運び込む際の攻防戦です。
佐牟田頼秀は犬童頼安方として参戦していました。
戦後、相良頼房(後の義陽)から感状が贈られています。
感状には「佐牟田三良左衛門尉頼秀」とあります。

感状を贈られたのはその子・佐牟田長堅です。
当時はまだ14歳で、仙千代という名でした。
佐牟田長堅は狩りの際にも論語や六韜三略を携帯。
薩摩を手に入れる方法を日夜考えていたそうです。
噂を聞いた島津義弘が、佐牟田長堅を引き抜こうとします。
佐牟田長堅はその使者に島津義弘の首を要求。
気に入った島津義弘は、佐牟田長堅を屋敷に招きました。
そして、島津義弘は太刀を授けました。
佐牟田長堅は、秘蔵の火打石を返礼としています。
相良領の対島津軍最前線にはこのような人物が居ました。
1579年、佐牟田長堅は薩摩の深田へ狩りに出かけました。
この時、島津家のスナイパーに狙撃され落命しています。

1615年、廃城になりました

佐牟田長堅以降の城主はわからず。
謀叛などではないので、佐牟田氏かもしれません。
「大畑城とともに一国一城令で廃城」
・・・と、あちこちで見かけます。
まぁ、そういう事なのでしょう。
以後は、外城の大畑麓が置かれました。
この辺の仕組みは島津家とよく似ています。
大畑には半士半農の郷士が暮らしました。


所在地:熊本県人吉市大畑町 GPS軌跡ダウンロードページ
熊本県の城跡/なぽの城跡巡りを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR