fc2ブログ

久米城/熊本県多良木町

久米城は、久米熊野座神社の裏山にありました。
訪問日は2023年12月30日です。

久米城【写真位置】大きな地図を表示
写真へジャンプ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19

城跡へは麓の久米熊野座神社から登れます。
登城路は社殿を正面から見て右側にあります。
歩き始めてすぐに道が分岐します。
お勧めは左側です。
正面は緩く、左は九十九折れですが。
最後まで迷わず歩けるのは左側です。
ココでは右側にも行けるようになっています。
上述2本と違い整備されていませんが。
そちらへ入ると、すぐに土塁のある横堀になります。
横堀から右側に下ると三重堀切が。
そのまま藪を進み続けると、大きな横堀に着きます。
分岐に戻り道を登ると、主郭に着きます。
主郭は細長い楕円形をしています。
東側には道で潰された堀切が両側に見えます。
主郭の南側の緩い尾根にも小さな段曲輪があります。
久米城【ザックリ図】▲ザックリ図
久米城【1】
【1】久米熊野座神社 上に戻る

麓にある神社です。
城跡にある和風建築って、超カッコイイ!
毛筆調の文字の大きな幟が雰囲気を盛り上げます。
この色もイイですが、白地に黒でもイイかも。
背後のテッペンが平らになっています。
この平坦面は城の曲輪です。
久米城【2】
【2】登城口 上に戻る

社殿の右側には、案内があります。
城跡はこっち!という直接的なものではないですが。
「眺めが良さげ」というのは城キチ的にピンッ!と来ます。
それにしても、語呂合わせのオ○ジ丸出しの案内・・・
こっちがこうだと、本家本元は「○野の古道」では?
まぁどうでも良い話ですが┐(´∀`)┌
久米城【3】
【3】分岐 上に戻る

さて、ココが運命の分かれ道です。
という程大袈裟なものではありませんが。
ちゃんとした道は正面と左です。
左はすぐに九十九折れでちょっとキツそう。
正面は遠回りでも緩くて楽っぽい?
・・・という印象を持ちます。
もちろん、私はそう思い正面へ進みました。
でも、こちらの道は主郭手前で道が消えます。
あとは何となく高い方へ!で進む感じです。
城キチ的な運命というと、右側は外せません。
コチラには三重堀切や大きな横堀があるので。
まぁ、それなりの試練はあるのですが。
詳しくは後程(∀`*ゞ)
久米城【4】
【4】道が消失 上に戻る

さて、楽だと思って進んだ正面の道。
整備されてるから♪と足取りは軽かったです。
でも、ハッキリした道はここで途絶えます。
みんなが通った的な踏み跡も見当たらず。
まぁ、来る人数が絶対的に少ないでしょうから。
でも、左側がゴールだと薄々誰でも気付きます。
あとは歩きやすそうな所を選んで進むだけです。
久米城【5】
【5】主郭 上に戻る

こちら側には特に虎口の形跡はナシ。
それでも、ココが主郭だとわかります。
普段行きつけの城跡と比べると天国のようです。
久米城【6】
【6】主郭から見た神社 上に戻る

上から見た神社です。
やはり城跡には日本家屋が超似合う!
位置的には城の入口は押さえています。
城主様の日頃のお住まいだったのでしょう。
久米城【7】
【7】堀切 上に戻る

主郭は土塁が無いただの平坦面です。
奥は未舗装の道がそのまま続いています。
なので、どこまでが主郭なのかと思いました。
でも、道の両側に大きくえぐれた深い溝が。
道で潰された堀切のようです。
久米城【8】
【8】主郭南側の段曲輪 上に戻る

上から見て何かありそうだと感じたのは南側です。
こちら側は緩い尾根が続いています。
下りて見ると1m弱の段差が続いています。
下から見上げると、カックンカックンしています。
久米城【9】
【9】下の方にある段 上に戻る

どこまで続いているのかと更に下へ。
いつもはキリが無いと切り上げるのですが。
ここが一番下という訳ではなさそうですが。
それでも何となくココまでっぽい所です。
それまでの段と違い、尾根を包むような形です。
久米城【10】
【10】主郭北西の虎口 上に戻る

来る時は、最後は自然地形を登りました。
でも、すぐ近くにアカラサマな道があります。
真っすぐでないクネった道は虎口ですね!
ちゃんとブラインド的に土まで盛っています。
帰りはコチラから下りました。
久米城【11】
【11】3の分岐から 上に戻る

あとは三重堀切を拝まねば!
そちらへは3の分岐から右側へ入ります。
明らかに歩いた人数が少なげな感じです。
用が無ければ好き好んで入りませんからね。
でも、こんな横堀がすぐに現れます。
久米城【12】
【12】横堀? 上に戻る

先人曰く、この先に最大の見所である横堀があるとか。
それを見て行かなければ城キチが廃る♪
なんて根性論ブチ上げるのは少数派でしょうか。
こんなになっても足元は横堀ぽさがあります。
ココはもう某大御所様を信じて突進あるのみ。
久米城【13】
【13】奥にある曲輪 上に戻る

藪を数十m進むと、雑木林に入ります。
木が増えると足元が見やすくなります。
すると、小さな段が連なっているのが見えました。
下草が無いので、かなり先まで見通せます。
久米城【14】
【14】横堀 上に戻る

先程の小さな段から下に、横一線の影が。
ココまで来ると道など一切ナシ。
歩きやすい所をテキトーに辿ります。
そして辿り着きました。
一番の見所という横堀に(*´▽`*)
久米城【15】
【15】横堀 上に戻る

保存状態は満点です。
人の手が全く入っていないので。
久米城【16】
【16】横堀 上に戻る

しかも、木々に包まれているので下草ナシ。
一番の見所だけあって、見栄えもバッチリです。
ちゃんと端から端まで堪能しました。
さっきの藪だったらどうしようかと思ってました。
久米城【17】
【17】三重堀切① 上に戻る

横堀を堪能した後、元来た分岐まで戻ります。
違うルートなど無いので、藪を掻き分けて。
分岐近くから、さらに右へと踏み跡が分岐します。
雑木林なので、歩いた跡が残りやすいんですね!
踏み跡のその先に、まずはこの小さな段が。
これも三重の1つ?かと思い撮っておきました。
結果的に当たりだったようです。
久米城【18】
【18】三重堀切② 上に戻る

2つめはすぐ下にあります。
こちらは大きめでハッキリしています。
これ位しっかりしてると、城キチとしては嬉しいです^^
久米城【19】
【19】三重堀切③ 上に戻る

一番下のはチョット下ったような。
記憶的にはそうですが、軌跡はすぐ下。
私の記憶力って鶏といい勝負なのかもです。


◆歴史◆

築城年代は不明です

『求麻外史』に相良頼宗が久米村を領したとあります。
相良頼宗は上相良氏の祖・相良頼氏の子です。
ということで、上相良氏に属する城でした。
史料上の初見は1448年です。
2月に多良木頼観・頼仙兄弟が相良堯頼を奇襲。
相良堯頼は夜陰に紛れ薩摩国牛屎院に逃れます。
その後、相良一門の永留長続が多良木兄弟を討伐。
人吉城から多良木兄弟を追い出すことに成功します。
人吉を奪還した永留長続は、相良堯頼に帰還を要請。
しかし断られ、3月に相良堯頼が没しました。
相良堯頼は16歳で没し、後継者はナシ。
そのため、5月に永留長続が相良家当主となります。
多良木兄弟は尚も反抗を続けました。
8月に挙兵したものの、相良長続により討ち取られます。
多良木兄弟が久米砦の源島某を救援に向かった時の事でした。

1559年、獺野原の戦で落城しています

獺野原の戦は丸目頼美と東長兄が争った内乱です。
詳細は割愛しますが、丸目頼美は東直政を頼りました。
東直政は、相良義陽の母に仲裁を依頼された人物です。
東直政は東長兄に湯前城を攻め落とされ討死しています。
久米城もこの時に落城しています。
東加賀が城主だったとするお兄様もおられますが・・・
東加賀は、この戦の後の城主ではないかと私は思います。
というのも、東加賀は1566年に久米治頼神社を建てています。
これは相良義陽が相良治頼の慰霊を目的に建てたものです。
同じ目的の神社を8社建てており、その中の1社です。
おそらく、当時の久米の地頭が東加賀だったからでしょう。
戦後の湯前城は東能登が城主になっています。
名前からして、親子兄弟っぽさがプンプンします。

球磨郡では東姓の人物が多数登場します。
しかし、彼らの素性がいまいちよくわからず。
東長兄は人吉奉行の1人としかわかりません。
手掛かりかもしれないのが、先程の久米治頼神社です。
創建者として「東加賀藤原頼秀」の名が伝わっています。
久米はかつて久米氏が支配したとされます。
麓の久米熊野座神社は藤原氏が何度も修復しています。
藤原氏は久米氏の子孫とされますが・・・
東氏と繋がりがあるのかもしれません。


所在地:熊本県球磨郡多良木町久米 GPS軌跡ダウンロードページ
熊本県の城跡/なぽの城跡巡りを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR