fc2ブログ

安岐城/大分県国東市

安岐城は、大分空港の近くにあった平城です。
訪問日は2022年12月31日です。

安岐城【写真位置】 大きな地図を表示

写真へジャンプ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17

安岐城は安岐の港を抑える要衝にありました。
今は空の港がありますが、そんな未来は予想しなかったでしょう。
城跡の案内は、本丸跡の城山天満社にあります。
ココだけ見ると小じんまりした城と勘違いします。
近所を散策すると、それなりに色々と残っています^^
安岐城【1】
【1】古城天満社の入口 上に戻る

地図で城跡と記されている場所です。
目立つ看板があり、迷わず辿り着けます。
ただ、駐車場はありません。
道幅が割と広いので、近くに路駐しました。
地方では割と普通の事なんですが・・・
都会暮らしに慣れると、ちょっとドキドキします。
安岐城【2】
【2】土塁上の参道 上に戻る

参道は、緩いカーブを描いています。
左右がなんか低いような・・・!
参道はそのまま土塁だったんです。
気が付いて見ると、結構分厚いです。
右側が主郭、左側が二郭です。
安岐城【図】
上の写真に写っている説明板の図です。
見掛けはとても綺麗でわかりやすい!
でも、いざこの図を見ながら歩くと???になります。
どうも現状の道と合わないような。
というのも、国道213号が描かれていません。
近くで一番大きな目印はどれ?と、無い物を探すからです。
東側にあるオレンジ色の櫓台の所を国道が通っています。
また、中心部分の道もありません。
そう気付いたのは、ウチに帰って地図と並べて見てから。
現地ではあれ?あれ?となりながらの散策となりました。
安岐城【3】
【3】西側の堀 上に戻る

土塁上から見た左側の堀です。
かなりの深さがあります。
しかしここからは下りられず。
民家の敷地を通らないと下りられないように見えます。
ならばせめてと撮った1枚です。
でも、実は近くで見る事が出来ます。
それは後程。
安岐城【4】
【4】古城天満社 上に戻る

土塁を辿ると、突き当りに神社があります。
神社なので高い所にあって当然!
・・・なんて、城キチ目線を忘れてはイケマセン。
土塁上にある高まりは櫓台!
しかも本丸の北西!
位置的には天守っぽいけど小さいかな?
なんて思い図を見ると「天守」と書かれていました^^
安岐城【5】
【5】堀跡 上に戻る

神社を出て、外側の痕跡を探索します。
図がよく分からないので、城キチの勘を頼ります。
確かこの辺に櫓台があったはず・・・
そう思った場所がココです。
細い窪みなので堀跡?と、とりあえず撮りです。
帰宅して何だ?何だ?とじっくり考察。
どうやら下池が道を横切った場所のようです。
下池は、下の写真の大きな水堀の跡です。
図にある櫓台は、この写真の右端にあったようです。
安岐城【6】
【6】下池 上に戻る

城跡の北東にある大きな低地があります。
ここが下池と呼ばれる水堀の跡です。
流石に大き過ぎて埋め立て切れなかったのでしょうか。
そのまま田んぼになったようです。
安岐城【7】
【7】土塁 上に戻る

国道の交差点を斜め左へ。
ここから西は、図の通りなのでわかります。
茶色で描かれた土塁がコレです。
道端にある土盛りは他に無いので。
ただ、図が無ければ気付かないと思います。
草木が深く、地形が全くわからないので。
安岐城【8】
【8】北西から見た下池 上に戻る

さっきとは正反対の位置から見た下池です。
わかりやすい遺構なので、つい撮りまくります。
これだけ大きな沼地なので、北側の守りは万全ですね!
安岐城【9】
【9】北虎口付近 上に戻る

北側の真ん中で、城内方向に入る道があります。
私は土塁に目が行き、堀を見ようと躍起でしたが。
現地で気付かなかったココが北虎口付近です。
地図では道が、それっぽく曲がっています。
何故気付かなかった、あの日の私・・・
安岐城【10】
【10】土塁 上に戻る

今度は道でぶった斬られた土塁です。
道の南側へ斜めに寄って来る感じです。
安岐城【11】
【11】堀 上に戻る

道端の土塁前に横たわる堀です。
形はハッキリしていますが、竹が絡んでいます。
ズンズン入って行きたかったのですが、無理でした。
安岐城【12】
【12】土塁 上に戻る

道で分断された土塁が、反対側に続いています。
とは行っても、この先がどうなってるのか?です。
図では、道の北側にも大きな北堀がありますので。
ということは、ここも城内ということに。
古城天満社からかなり離れているのですが。
安岐城は、思ってたよりも遥かに大きなお城だったようです。
安岐城【13】
【13】再び土塁 上に戻る

ちょっと進むと、再び道の左側に土塁が見えます。
土塁に沿って進んでみたかったのですが・・・
民家の敷地に入って行く感じで、表から見るのが精一杯。
というか、土塁も堀も藪に埋もれています。
ここら辺は雰囲気を感じるしかなさそうです。
安岐城【14】
【14】北西側の堀跡 上に戻る

もうちょっと西に進むと交差点があります。
ここでは道の南北を貫く堀跡が見られます。
道の北側には、曲がりながら東へ伸びる堀跡が。
この先が北堀と呼ばれる大きな堀に続いています。
図ではすぐ終わっちゃうように見えたのでこの先は見ず。
ほんの少しの距離なので、行って見ればよかったデス^^;
安岐城【15】
【15】道路脇から始まる堀跡 上に戻る

今度は交差点から南側に続く堀跡です。
こちらは埋められているものの、形がクッキリ。
こういう堀跡、イイですね(*´▽`*)
この堀が安岐城の西端部に当たるようです。
向こう側の家が、何となく櫓に見えてしまい・・・
つい往時の姿を想像してしまいます^^
安岐城【16】
【16】堀跡の角 上に戻る

道の南の堀は、少し進んだ所で左へ曲がります。
こういう形が残っているのもイイですね^^
曲がった先の堀は、図では南堀と書かれています。
割と長く描かれているのですが・・・
曲がって割とすぐに終わっています。
安岐城【17】
【17】古城天満社西側の堀跡 上に戻る

思いの外イイ物見ちゃった♪
なんて思いながら次へ向かおうと車へ。
そして神社の手前まで戻った時に!となりました。
神社手前で左に入る道の脇が・・・低い!
神社の土塁から見た堀が、ここから見えました。
奥へ行くほど幅が広くなって行きます。
見られないと思ってた堀が見られラッキ~♪
最後の最後でまた独りで盛り上がったのでした^^


◆歴史◆

応永年間に飯塚城主・田原親幸により築かれたとされます

応永年間は1394年〜1428年の間を指します。
この頃の豊後は、大友家が真っ二つに分裂していた時期です。
それでも当主は交互に継ぐという不思議な体制でしたが。
安岐城は飯塚城の支城として築かれたとされます。
当初は館があるだけの小規模な城でした。
田原親幸は1431年、大内軍との戦で筑前で戦死しています。
この年、大友持直・少弐満貞連合軍が大内盛見を討ち取っています。
ということは、田原親幸は大内持直に従っていた事になります。
田原宗家は大友家に反抗的だったとされますが・・・
分裂していた時期にどちらに属していたかがヒントになります。
大友義右・政親の争いで、大友親治は大友政親を支援しました。
ということは、田原氏は大友義右側だった可能性があります。
大友義右の生母は大内家出身でした。
父との争いでは、大内家の支援があったと考えられます。
その後の動向からも田原氏がコチラ寄りだったのでしょう。
その後の大友宗家に反抗的なのも納得行きます。
この頃当主だった田原親述は、大聖院宗心推しでした。
大聖院宗心は大内家に身を寄せ、大友家当主を狙う野心家でした。
田原親述は事あるごとに大友家に反抗。
大友家中最大勢力を誇ったため、大友家も対応に苦労したようです。
そして1543年、子の田原親宏が一時豊後を追放されました。
赦され豊後に復帰したのは、二階崩れの変後の1552年です。
大友家に復帰した田原親宏は、大友軍の主力として活躍。
秋月軍や毛利軍との戦で功を立てています。
しかし、大友宗麟は田原親宏を信頼していませんでした。
いきさつはわかりませんが、安岐城を没収。
田原宗家への対抗馬とした田原親賢に与えました。

1580年、大友軍に攻め落とされました

1578年、大友軍は島津軍に耳川の戦で大敗しました。
この時大友軍を指揮していたのが田原親賢でした。
そのため家中ではその責任を問う声が高まりました。
その機運に乗じ、田原親宏が安岐城の返還を強要。
大友宗麟は渋々応じますが、秋月氏と連携し続けました。
そのため大友宗麟はこれを謀反と断定。
田原親宏討伐のため出陣します。
当時の大友家中はグダグダで、田北紹鉄も謀反のため挙兵。
田原・田北両軍が府内を攻めれば陥落確実な状況でした。
しかし、その出陣直前に田原親宏が急死。
家督は長野家出身の養子・田原親貫が継ぎました。
大友宗麟に対する謀反は続行されました。
田原親貫は毛利水軍の支援を安岐城で受ける手筈でした。
しかし、毛利水軍は大友水軍の若林鎮興により撃退。
孤立無援となった安岐城は、1580年9月に落城します。
田原軍は鞍懸城で抵抗を続けましたが、翌月には落城。
以後、田原親貫の消息が不明となります。
田原宗家の名跡は、大友宗麟の子・親家が継ぎました。

1593年、熊谷直陳が城主となります

田原親家は大友義統の弟ですが、不仲でした。
大友家と不仲な田原宗家を継いだのは宿命でしょうか。
1586年に島津軍が北上すると、大友家を裏切り内通。
しかし事前にバレたようで、領地を没収されました。
諸兄のサイトでは、その辺が省かれています。
そのため1593年まで田原親家が城主のように書かれています。
大友家改易後は、熊谷直陳が安岐城主となりました。
熊谷直陳は豊臣秀吉の馬廻衆だった人物です。
出自は不詳ですが、若狭国の出身と考えられています。
金切裂指物使番を務めており、お気に入りだったようです。
※金切裂指物使番は金色の旗を背負い戦場で伝令を務めました
しかし、豊臣秀吉の死後に加藤清正・黒田長政らに訴えられ改易。
一時領地を失いました。
関ヶ原の戦が始まると、石田三成により安岐城主に復帰しました。

1600年、黒田軍に攻め落とされました

熊谷直陳は西軍に属し、自身は美濃の大垣城を守りました。
安岐城は、一族の熊谷外記に守らせました。
関ヶ原では東軍が勝利。
大垣城は東軍に包囲されました。
すると相良頼房・秋月種長・高橋元種らが裏切ります。
彼らは一緒に城を守っていた諸将の首を手土産に東軍に寝返りました。
一方、九州では黒田如水が西軍の諸城を攻略。
安岐城も黒田軍により攻め落とされました。
戦後、国東郡は細川家の小倉藩領となりました。
杵築城が支配拠点になったため、廃城になったものと思われます。


所在地:大分県国東市安岐町下原 GPS軌跡ダウンロードページ
大分県の城跡/なぽの城跡巡りを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR