fc2ブログ

古川山城/福岡県北九州市

古川山城は、南北にとっても長いです。
訪問日は2023年1月1日です。

古川山城【位置】 別ウィンドウで表示

古川山城は、北九州霊園の西側にあります。
別名は椎山城、志井城、城ノ粒城など。
西の徳吉では古川山城、東の志井では椎山城だそうです。
北九州霊園の展望台付近から山に入ることが出来ます。
その場所は2箇所あり
①一番高い段の一番奥から【写真1】
②手前の道端から【写真21】
です。
尾根の各ピークに曲輪があり、城域は広いです。
軌跡が何だかサボテンダーみたいな形になりました。
ご存知ない方はググってみて下さい♪
構造はほぼ帯曲輪と段曲輪のみで、シンプルです。
主郭はAの古川山の山頂と考えられています。
ここだけは浅いながら堀切も見られます。
記号は参照した『福岡県の中近世城館跡3』に合わせています。
無料でダウンロード出来るなんて有難や(*´人`)
歩いた距離は約11km(・□・;)
全部見るなら、気合入れて挑んで下さい!

写真へジャンプ
1 2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
古川山城【1】
【1】獣避けフェンスを開けて山へ 上に戻る

城跡は北九州霊園のそばにあります。
大きな墓地で、あちこちに駐車場があります。
その一番奥が展望台です。
ここに車を停めて背後の山へ。
墓地の一番高い段に登って左奥へ。
端っこに階段があり、獣避けフェンスがあります。
紐で結んであるだけなので、ここから山に入れます。
古川山城【2】
【2】左奥へ 上に戻る

山に入ると、白いタンクがあります。
帯曲輪状になっていますが、右側は行き止まり。
高さは3メートル程あり、ひたすら左奥へと続きます。
断面が新しい感じなので、墓地の造成によるのかも。
直接登れない高さでもないですが、奥へ進みました。
古川山城【3】
【3】段差が段々低く 上に戻る

奥へ進むに従い、段差が無くなって来ます。
尾根を下る感じになると、合流する感じです。
この尾根上に、崩壊したフェンスがあります。
きっと墓地の敷地の境目なんでしょう。
ここからCの曲輪へ登れます。
道は無いので、ただ高みを目指して下さい。
古川山城【4】
【4】C:上から見た段差 上に戻る

フェンス沿いに登り切った所が平らになっています。
ここがCの曲輪です。
山キチ様達は「志徳尾根」と呼んでます。
そんなプレートがあるらしいですが、気付きませんでした。
だって私は城キチですから(*´ω`*)
それよりも、曲輪を囲む段差の方に目が行きます^^
古川山城【5】
【5】D:尾根のピーク 上に戻る

とにかく城域が広いので、どう回ろうか悩みます。
東の尾根に行ってそのまま道に下りる作戦を採用。
これなら東の尾根から登り直す必要ないですし。
ということで、南→西→北→東の順に回ることに。
Cから南の尾根を下り、ちょっと高くなった所がDの曲輪群です。
これは手前側(北側)のピークです。
古川山城【6】
【6】D:次のピーク 上に戻る

更に南へ尾根を進むと、次のピークが現れます。
いずれのピークも平らに馴らされています。
ここでも端が少し低く、帯曲輪状に囲んでいます。
古川山城【7】
【7】E:曲輪 上に戻る

更に南へ尾根を下った先にあるピークがEの曲輪群です。
ここも同じ感じの曲輪です。
堀や土塁が無いので地味に感じますが・・・
普通の山の中には、こんなに平らな場所はいくつもありません。
・・・と自分に言い聞かせたのは内緒です。
古川山城【8】
【8】E:曲輪 上に戻る

ハイ、とても平らです^^
古川山城【9】
【9】上から見つけた山道 上に戻る

さて、Eのピークの西にある山がHの曲輪群です。
もう、はっきりと隣の山です。
別の城だとおっしゃる方もいらっしゃるようで。
とはいえ、派手に下るものの尾根で繋がっています。
尾根の高い所を辿ればよくね?で、道無き斜面を下ります。
この辺、事前サーチすれば良かったのですが・・・
またも特技発動!
眼下に山道を発見したのでしたw
古川山城【10】
【10】山道の入口 上に戻る

ということで、EからHへの山道です。
これでもか!という位にピンクの目印があります。
私もこれは見つけたんですがね。。。
奥に続く道や目印が見えず、わかりませんでした。
ということで、帰りに奥にも目印付けて来ました。
山キチさん達は、そんなモノ無くても迷わないようです。
古川山城【11】
【11】H:曲輪 上に戻る

別の山に登り直した先にある、Hの曲輪群です。
県の報告書によると、南側に堀切があるようです。
私が読むのは大体帰宅してからなんですよね・・・
もっとちゃんと読んでから行けば良かった(-_-;)
古川山城【12】
【12】H:帯曲輪 上に戻る

ここも周りが一段低い帯曲輪状になっています。
基本的な構造は同じです。
古川山城【13】
【13】A:帯曲輪 上に戻る

南端まで行き切ったので、今度は北へ。
E→D→Cを登り直し、更にその先の山頂へ。
その山頂がAの曲輪群です。
ここは他の曲輪群よりも構造がハッキリしています。
段差もこんなにあります。
古川山城【14】
【14】A:主郭 上に戻る

ということで、ここが主郭です。
白い何かが立ってますが、何だったか覚えてません(;'∀')
少なくとも、城跡を示すものではなかったような。
城キチの記憶力なんて、そんなモンです(*´Д`)
古川山城【15】
【15】A:堀切 上に戻る

まぁでも、こういうモノはよく覚えています^^
他の曲輪群では見られない堀切です(*^▽^*)
古川山城【16】
【16】A:プレート 上に戻る

そして、山頂にはコレが。
道は不明瞭ですが、あると嬉しいデス(*'▽')
でも、事前に調べた時は「椎山城」でした。
別名?と思い帰宅して調べると、そうでした。
私の流儀では、現地での表記で城の名前を紹介します。
ということでの「古川山城」です。
古川山城【17】
【17】B:段差 上に戻る

次のターゲットは、山頂から南西に伸びる尾根。
そこにあるのはBの曲輪群です。
あまり高低差が無いので、ここは楽でした。
南側のようにアップダウン激しいとツライですから。
ここには「お姫山」のプレートがありました。
謂れなど書いたモノがあると嬉しいのですが。
古川山城【18】
【18】A:虎口 上に戻る

西の尾根も攻略したので、今度は北へ。
ここで時間を見ると13時前。
昼過ぎに実家に帰ると言ったのにまだ道半ば。
ちょろいと思ってたのに、想定以上に時間が掛かってます。
うわ、やべ!っと遅くなりますメールを送信。
そう思いながら見つめた、A曲輪群北側の虎口です。
古川山城【19】
【19】F:切通し 上に戻る

北側の尾根は幅が広く、段があるような無いような。
そして気の急く身には、とても長く感じる尾根でした。
そんな時、突如として正面に現れた土の壁。
うわ!デケー堀切様ヾ(*´∀`*)ノ
実家に帰る時間を犠牲にしてまで来て良かった!
なんて思った切通しでした。
古川山城【20】
【20】F:切通し 上に戻る

まぁ、尾根を分断するよう人が掘ったものですが。
でも、これは東西を行き来するために掘られたもの。
決して南北の行き来を阻害するためのものではありません。
たぶん。
先人は前者の説が濃厚だとのたまっていらっしゃいます。
・・・私は後者であって欲しいですが。
イイ物見て力が沸き、一気に北のピークへ。
ここも平らに整形され、古志の峰のプレートがありました。
古川山城【21】
【21】道端から尾根に入れる場所 上に戻る

北端まで見て来たので、ラストは東の峰へ!
はよせな、はよせなと、山頂まで登り直し。
Cまで戻り、今度は元来たフェンスに沿って下ります。
そして下りた先が、展望台手前の道端です。
ここでは尾根と道が同じ高さに。
東の峰楽勝!なんて心の中で叫んだとか叫んだとか。
でも、世の中そんなに城キチには甘くありません。
アスファルトと尾根は、だんだん高低差が開いて来ます。
やべ、下りられネ!とならない内にガードレールの外側へ。
暫くはコンクリートの壁伝いに進むことになります。
古川山城【22】
【22】G:段曲輪 上に戻る

一旦下った尾根は、再び上り坂に。
この尾根にも、段になったような雰囲気があります。
目の錯覚ではないと思いますが、自信がありません。
さっきの事があったばかりですからネ!
古川山城【23】
【23】G:宮山の曲輪 上に戻る

登り切った東の峰の頂上です。
他の曲輪よりは、削平が甘いような気が。
それでもキタ!と、とりあえず一周。
不明瞭ですが、確かに人の手は入っています。
こうしてひと通り制覇したので駐車場へ。
先程のガードレールから車道を歩いたのでした。


◆歴史◆

鎌倉時代に長野種盛により築かれたと伝わります

長野氏は平安時代、豊前国司として長野城を築きました。
以後、周辺に勢力を拡大し、沢山の山城を築きます。
この頃の長野氏は桓武平氏と考えられています。
南北朝時代になると、別系統の長野氏が登場します。
中原氏系だったり、清原氏系だったり。
いずれの長野氏も、長野に拠点がありました。
以後の長野氏は、誰がどの系統なのか混乱が続いています。

1399年、大内盛見に攻め落とされました

南北朝時代の長野氏は、北朝方だったとされます。
1392年に南北合一が成り、1395年に今川了俊が九州を去ります。
以後、豊前は大内氏と大友氏の争奪戦の舞台となります。
1397年から翌年にかけて、長野氏は大友氏鑑に従いました。
しかし、大内軍に攻められ長野氏は降伏。
この時に古川山城も陥落し、一時廃城になったとされます。
以後も、長野氏は大内氏と大友氏の間で翻弄され続けます。

1568年、毛利軍の拠点になったという説があります

1566年、大友宗麟が『長野成敗』
1569年、毛利元就が『長野退治』
大内家滅亡後も、北部九州の争奪戦が続きました。
この時期には、筑後の秋月氏も長野氏と関わるようになります。
大大名の相次ぐ侵攻により、長野氏は衰退します。


所在地:福岡県北九州市小倉南区志井 GPS軌跡ダウンロードページ
福岡県の城跡/なぽの城跡巡りを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR