fc2ブログ

柏原城/埼玉県狭山市

柏原城跡は入間川沿いにあります。
畑の中にポツンと雑木林があるのでわかりやすいです。
訪問日は2012年5月19日です。

柏原城/城址入口
▲城址入口

畑の中をまっすぐ伸びる道を雑木林に向かい、空き地にクルマを停められます。どこから城跡に入るんかいな?と見渡すと、入口ありました^^

柏原城/空堀と土塁
▲空堀と土塁

城内は木々が生い茂っていますが、遺構はとても見やすいです。周りはかなり畑として開拓されていますが、ここだけは埋められず残されています。「上杉砦」という名前が遺構を守ってくれたのでしょうか?

柏原城/虎口を外側から
▲虎口を外側から

小さな城跡ですが、空堀、土塁、虎口などしっかり残っています。まるで城郭遺構のスーパーみたいです^^

柏原城/虎口を内側から
▲虎口を内側から

虎口を内側から見ると、土塁に囲まれていることがよくわかります。管領様が安心して休めるよう、警備を厳重にしていたのでしょうね。

柏原城/稲荷神社
▲2郭にある稲荷神社

2郭には稲荷神社が祀られています。戦の犠牲となった兵たちを弔ったのでしょうか。木々に覆われて薄暗い場所ですが、幟はとても綺麗。今でもしっかり村の守りとして信仰されていることが伝わります。


◆歴史◆

柏原城の築城時期については2つの説があります。

1つは平安時代末期、柏原太郎が館を築いたとする説です。柏原氏の出自は不明ですが、畠山重忠に従って奥州藤原氏征伐で活躍しました。

規模的には館サイズな感じです。城は河岸段丘の上に築かれており、その周りには畑が広がっています。周囲一帯を支配した土豪が館を築くにはよい場所なのかもしれません。

2つめの説は、1545年に山内上杉憲政により築かれたとする説です。これはとても有力な説で、河越城奪還のため憲政が在陣したと伝わります。別名「上杉砦」はこの言い伝えから出たものなんですね。

この戦いは、河越城を守る北条軍が奇襲により大勝利を収めます。その結果、扇谷上杉朝定が討死したため、扇谷上杉氏が滅びました。山内上杉氏、古河公方も武蔵から完全撤退を余儀なくされたのです。これにより、後北条氏は武蔵支配を確固たるものにしました。

以後、北条氏が砦として利用したと考えられています。それは、入間川の水運を監視するのに絶好な場所にあるからです。ですが・・・いつまで使われていたのかはわかっていません。


所在地:埼玉県狭山市柏原

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR