fc2ブログ

乳井古館/青森県弘前市

乳井古館は、乳井神社の背後の山にありました。
訪問日は2018年5月5日です。

乳井古館【1】

麓にある乳井神社です。
何気なく撮りましたが、チョー所縁のある場所です。
詳しくは後ほど。

乳井古館【2】

乳井神社脇から、城跡へ通じる道があります。
今思えば、この道が大手道っぽいです。

乳井古館【3】

道を進むと、地形が段々になります。
周りは一面リンゴ畑なので、往時からこうだったのかが?です。
ただ、他所はこんなではなかったので、帯曲輪かもしれません。

乳井古館【4】

2段目の平坦地です。
この感じ、やっぱり帯曲輪っぽいです(*´▽`*)

乳井古館【5】

一番上の段は、とても広くて平らです。
ここがリンゴ畑でないのは、愛宕神社があるからでしょうか。

乳井古館【6】

先端部にある愛宕神社です。
その脇には、展望台にありがちな四阿です。

乳井古館【7】

だって、とても眺めが良いですからラブラブ
正面には、津軽富士こと岩木山の雄姿が見えます。

乳井古館【8】

北側には、二の丸っぽい感じの広い平坦地があります。
葉の無い季節なら、城の構造がよく見えそうです。

乳井古館【9】

何か神々しい気配を感じたので、そちらへフラリ。
小さな神様の背後には・・・

乳井古館【10】

堀切がありました恋の矢恋の矢恋の矢
ここで見られると思ってなかったので、凶器乱舞ですw

乳井古館【11】

神社脇から上がって来た道です。
ひと通り見たし戻ろうかと思いましたが・・・
上からこの道を見ると、まだここは途中っぽく感じました。
左上から横矢の掛かる虎口っぽく見えて来ました。

乳井古館【12】

気になるので上がってみましたが・・・
大草原の小さな家っぽい写真になりましたw

乳井古館【13】

最後に遠景です。
次に紹介する所から撮っています♪


◆歴史◆

乳井氏により築かれたと考えられています。

築城時期や築城者は不明です。
麓にあった福王寺別当・乳井氏は「沙門大名」と呼ばれる大勢力でした。
福王寺は平安時代の1078年に建立されました。
元々ここにあった毘沙門宮も再興され、神仏習合の信仰の場となりました。
(毘沙門宮は明治時代に改称され、現在は乳井神社となっています)
しかし、南北朝時代に南朝に味方し、北朝方の曽我貞光に焼かれ焼失。
その後、焼け残った毘沙門像を本尊に、末寺の僧により復興されました。
この僧が乳井氏の祖先で、福王寺別当として勢力を持つようになります。
乳井氏は北1km弱の所に乳井城を築き、そちらを本拠とします。
その後も古拠点として古館を使い続けました。

1565年6月5日、乳井玄蕃が暗殺されました。

猿賀村での境界争いの裁定からの帰途に、引座川畔で襲われました。
襲ったのは大光寺城の滝本重行で、主従25人が全滅しました。
乳井玄蕃と滝本重行は日頃から小競り合いを繰り返し犬猿の仲でした。
乳井玄蕃の子が幼少だったため前進し、高畑城を築きました。
乳井城から大光寺城までは3kmですが、高畑城までは1kmの至近距離です。

1571年、乳井建清が逆襲に転じました。

大浦為信が南部家の重鎮・石川高信を攻め滅ぼしました。
南部家では前年、南部晴政に待望の男児が生まれました。
そのため、養子の南部信直との関係が悪化した時期です。
石川高信は南部信直の実父で、南部晴政の関与が疑われています。
この時、乳井建清が時期を合わせて挙兵。
目の上のたんこぶ・高畑城を奪った後、大浦為信に臣従しました。
大浦家臣となった乳井建清は戦功を重ね、高畑城主となりました。

1575年8月、南部信直が勢田石隠岐守に高畑城攻めを命じました。
乳井建清は善戦し、兼平綱則の援軍を得て南部軍を撃退しました。
11月には大浦為信が挙兵し、翌年正月に滝本重行の大光寺城を攻略。
仇敵・滝本重行を津軽から追い出すことに成功しました。

1579年7月、六羽川合戦で攻められました。

出羽の安東愛季が比山六郎・七郎兄弟に命じ、大浦為信を攻めました。
比山六郎・七郎は、元大光寺城主・北信愛の孫です。
安東軍には、大浦為信に滅ぼされた浪岡北畠家の北畠顕則も参陣。
大光寺城で六郎・七郎兄弟を預かっていた滝本重行も従軍していました。
乳井建清が留守だったため、乳井城・古館・茶臼館はあっさり陥落。
連合軍は乳井茶臼館に本陣を構えました。
大浦為信も兵を集め迎撃し、両軍は六羽川で激突しました。
比山兄弟は大浦為信本陣に突撃し、大浦為信が絶体絶命のピンチに。
ここで田中太郎五郎が身代わりとなり、最大の危機を脱しました。
反撃に転じた大浦軍は、安東方の総大将・比山六郎を討ち取りました。
安東・南部連合軍は総崩れとなり撤退しました。

乳井建清は1582年、大光寺城主となりました。
子の乳井建定は津軽姓を許され、弘前藩の家老となっています。


所在地:青森県弘前市大字乳井字外ノ沢 GPSログダウンロードページ

青森県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR