fc2ブログ

住吉館/福島県いわき市

住吉館は遍照院というお寺の背後の台地上にありました。
訪問日は2016年7月30日です。

【1】住吉館

お寺の東側に広い空き地があり、車はそこに停められます。
この空き地の台地側に、朱い鳥居の社があります。

【2】住吉館

小さな神社の背後から、木々の間へと入っていく道があります。
この道から住吉館跡の台地上に登ることが出来ます。

【3】住吉館

登って来る道は、この台地を東西に分ける堀の跡です。
左側の広い方が主郭、右の細長い方が二郭です。

【4】住吉館

普通に歩いて入る感じなのが、左側の主郭です。
上がってすぐの光景です。

【5】住吉館

この広い曲輪の真ん中に、石碑と説明板があります。
石碑は大きく撮ってなかったので拡大したら、忠魂碑でした。
説明板は、住吉館について簡単に書かれています。

【6】住吉館

北側には、分厚い土塁が巡っています。
古い時代の館跡なので、構造は至ってシンプルです。


◆歴史◆

磐城判官・平政氏の居館だったと伝わります。

平将門の子孫・平政氏が、賊討伐の恩賞として領地を与えられました。
そこで居住したのが、ここ住吉館と伝わります。
平政氏の跡を子の平政道が継ぎましたが・・・
桜狩りの帰りに姉の婿・村岡重頼に殺されてしまいました。
そこから平政道の子、安寿姫と厨子王の逃避行、仇討へと話が続きます。

これは森鴎外の『山椒太夫』で広く伝わった話だそうです。
読んでませんけどあせる
江戸時代の「さんせう太夫」を元に書かれたものだそうです。
この話をマジで追っかけた方が居たようで・・・
『岩磐史料叢書』で「岩城判官政氏は国史に見えず」としています。
「小説に陸奥国の太守なりと云えリ」とも。
小説上の人物で実在はかなり疑わしい、という事のようですw

住吉館の構造自体はシンプルで、かなり古い感じがします。
年代的には磐城判官の頃と合致しているのかもしれません。


所在地:福島県いわき市小名浜住吉

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR