fc2ブログ

田部原館/福島県南会津町

田部原館は、2本の川を堀代わりにした単郭方形館でした。
訪問日は2016年7月31日です。

【写1】田部原館

道端に田部原館の案内が出ています。
この道、もともとは街道だったようです。

【写10】田部原館

入口の脇に一里塚がありますから!
この道は南山通りという街道だったそうです。
旧田島町内で現存しているのはこの1基だけだそうです。

【写2】田部原館

さて、入口から奥に進むと見えて来ました!
遠くにポツンとあってもわかります。
私の大好物・図付きの説明板恋の矢恋の矢恋の矢

【写3】田部原館

こんな感じです。
順光だったので、とても綺麗に撮れましたヾ(*´∀`*)ノ
文字は沢山書かれていますが、ほとんどが構造や立地に関する事ばかり。
いつ築かれたのかは「推定される」とだけ書かれています。

【写4】田部原館

説明板に載っている図です。
単郭方形館なのでいらないような気もしますが・・・
せっかくですからラブラブ
ただ、普段見慣れているものとは少し様子がちがいます。
虎口は南の1か所だけで、西と北は断崖で隔絶されています。
普段暮らしの居館から、防御も考え始めた移行期っぽい感じがします。

【写5】田部原館

さて、5枚目にしてようやく土橋様の登場です。
堀の深さは1m程、土塁の高さも1m程です。

【写6】田部原館

ただ、堀の両側に土塁があるので、思ったより深く見えます。
こんな堀が南側と東側に続いています。

【写7】田部原館

内側から見た土塁と堀です。
目の位置が土塁より高いので、普段見ているのとは感じがちがいます。
堀は掘ったんじゃなくて、土を盛った土塁に挟まれているように見えます。

【写8】田部原館

曲輪の内部です。
( ´_ゝ`)なんて顔しないで下さいね☆彡

【写9】田部原館

単郭方形館ですが、色々頑張って書いてみました。
思ったより色々書けるもんですw
堀沿いに歩いて「うわぁ~」なんて感動しながら歩いたのですが・・・
二次元でその感動を伝えるのは、なかなか難しいもんですねあせる


◆歴史◆

不明です

説明板では
・田島の入口にあること
・単郭方形館であること
・2つの川を防御に利用していること
などから、鎌倉時代~室町時代初頭に築かれたと推定しています。
そして、地理的な要件から、番所的に戦国時代まで使われたとも推定。
そうなると、築いて使ったのは長沼氏が最有力候補ですね!


所在地:福島県南会津郡南会津町田島

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

コメント

非公開コメント

プロフィール

なぽ

Author:なぽ
故郷にはお城があり、小さな頃から何となくお城が好きでした。若い頃から旅が好きなので、旅行ついでに立ち寄るといった感じでした。

しかし、本格的に城をメインに旅を始めるとハマってしまい・・・。今では道無き山まで歩き回るようになりました。もう、殆どビョーキですw

全国津々浦々見てやろう!と意気込んでいましたが、訪ねる基準が年々変化しており、始めた頃に回った地方がかなり手薄になりました。でも、あまりにもマイナー過ぎる城跡まで回るのもどうかと思いつつ、通りすがりに「〇〇城跡→」なんて案内があると、ついつい足が勝手に動いてしまいます。

書き始めるとついアレコレ気になって調べまくり、遅々としてブログが進みません。こうしている間にも訪ねっ放しの城跡がザクザク溜まる一方で・・・。書き方もちょっと考え直さないと、死ぬまでに書ききれないとマジでびびっています。

おっと、またつい長くなりましたが、基本スタンスは「道案内 & 見所案内 & 歴史も!」な欲張りブログを目指しています。ここでお友達を作るつもりはありませんので、ググって出て来てちょっと気になったら読んでやって下さいませ。

ホームページ紹介

なぽの城跡巡り・トップページ
これまで私が訪ねた城跡を紹介しています。ブログで紹介したお城もすべてココから見に行けるようになっています。是非遊びに来て下さい!

北海道・東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

プライバシーポリシー
本サイトについて
お問い合わせフォーム



検索フォーム

QRコード

QR